原因が複雑だから簡単に治らない

ニキビが簡単に治らないと悩んでいる方はとても多いのですが、よくよく考えてみるとこれはごく当たり前のことなのです。

 

なぜなら、ニキビは原因が本当にたくさんあって、複数の要因が重なって起こる肌トラブルであるため、何か1つの原因を取り除いたところで治るとも限らないからです。

 

だから今一生懸命スキンケアをしているのに長期間治っていないという場合は、やっていること自体は合っているけどそれだけじゃダメだという意味なのかもしれません。

 

では、一般的にニキビの原因というのはどんなものがあるでしょうか?

毛穴が詰まる理由

ニキビに悩んでいる方でもはっきりわかっていない方いるのですが、根本的な原因は毛穴がつまることです。

 

アクネ菌が繁殖したことが原因だと思っている方もいるのですが、毛穴が詰まった結果、アクネ菌の好む環境が作られるから増殖していくのです。

 

だから、毛穴が詰まらないようにする必要があるわけですが、ここがとても複雑なのです。

 

まず、毛穴がつまるというのは「何が」つまっているのかというと、角質と皮脂などの汚れが混ざって固まったものです。

 

角質というのはいわゆる「垢」のことです。

 

「垢」というと汚れのことだと勘違いしている方がいるのですが、垢は皮膚が古くなってはがれたものです。

 

だから必ず出てしまうものなのです。

 

しかし、正常に剥がれずにいつまでも肌に残ってしまうと、それが皮脂などと結合して毛穴を詰まらせてしまうのです。

 

つまり、皮脂が多くても角質が多くても毛穴はつまりやすくなるわけです。

 

では、皮脂や角質が多くなる原因はなんでしょうか?

 

ここにはとてもたくさんの理由があって、ざっと挙げられるだけでも

 

  • 洗顔のやりすぎ、またはやらなすぎ
  • 寝不足
  • ストレス
  • 加齢
  • ホルモンバランスの乱れ

 

といったものがあります。

 

ストレスや睡眠不足によって肌のターンオーバーが乱れていることもあれば、生理前などのホルモンバランスが原因で皮脂が多くなったり、さらに洗顔が不十分で角質や皮脂が残って酸化する場合、または洗顔のやりすぎで肌が乾燥した結果、皮脂がたくさんでてしまうこともあるのです。

トータルケアが大切

ここまでお話ししてきたように、ニキビの根本的な原因である毛穴のつまりを引き起こす要因は非常にたくさんあります。

 

そのため、きっとこれが原因だろうと1つに絞っても効果を得られないことが多いのです。

 

例えば、ネットで検索したらニキビを治すには睡眠が大切だと書いてあったからと言って、それだけを実践しても、複数あるうちの1つを解決したにすぎません。

 

それでは治るはずはありませんよね。

 

つまり、ニキビケアをするときはこのコスメを使えば大丈夫!とか、サプリメントを飲めば・・・と考えるのではなく、自分に当てはまると思ったものをすべて実践する方が効率がよいと思います。

 

どれが原因かというのを考えすぎて無駄な時間過ごすくらいなら、3ヵ月などと期間を決めて、複数の理にかなった対策を徹底して実践することをおすすめします。

 

決して良いと聞いたことを1つやったからといってあきらめないようにしてください。